【腰のヘルニアで手術を勧められた】そんな時にあなたが選べる選択肢この3つです

【腰のヘルニアで手術を勧められた】そんな時にあなたが選べる選択肢はこの3つです

「あなたの腰の痛みの原因は椎間板ヘルニアです。手術をしないと治りません。」

ある日、病院の先生に急にこう言われたらあなたはどうですか?戸惑いますよね。

手術? なんか怖いし何をされるんだろう。でもこの痛みがずっと続くのは絶対に嫌だし…

本当に手術をしなければいけなんだろうか。他に何か方法はないのか? 色々な疑問が浮かんでくると思います。

なので今日は、椎間板ヘルニアの手術を勧められたあなたがこれから取れる3つの選択肢をお伝えします。

どの選択肢にもメリット・デメリットがあります。ここからの選択がとても重要です。一緒に考えていきましょう。

椎間板ヘルニアの手術を勧められたあなたが取れる3つの選択肢とは

それでは具体的にこれからどうしていく方法があるのかをお伝えしていきます。

ここで何を選ぶかによってあなたのヘルニアの症状がこれから先どうなっていくのか決まります。

しっかり、じっくりと読んで決めてもらえばと思います。

手術をして椎間板ヘルニアを除去する

まずは先生に言われた通りに手術を受ける方法があります。

椎間板ヘルニアが今の痛みの原因だからそこを手術でなくすという訳です。言葉だけで聞くとこれが一番良い方法だと思われる方も多いと思います。

しかしこれには条件があります。

それは痛みの原因が本当に椎間板ヘルニアからきている場合に限ります。

先生にヘルニアが神経を圧迫して痛みが出ていると言われて、そう信じられていると思いますが実は原因が違う場合があります。

ヘルニアがあっても無症状の方がたくさんおられます。しかもそうじゃない場合もかなりの確率であります。

神経の圧迫ではなくどこから痛みが来ているのか。それは筋肉が緊張し過ぎたことによって痛みを感じる神経を刺激して痛みを感じているのです。

この場合は手術をしても痛みが取れません。手術では筋肉の緊張はなくならないからです。

手術というのは椎間板という背骨のクッションの部分から飛び出して、神経に接触している部分を切除するものです。

そこを手術しても、筋肉の緊張は取れていないので痛みが残る可能性がある訳です。

手術をしたら絶対に良くなると保証できないのは、筋肉が原因で今のあなたの痛みが出ている可能性があるからです。

この場合は手術ではなく筋肉の緊張を取る方法を模索していかなくてはいけません。

逆に手術をしなければいけない時というのがあります。

それは

・排尿障害

下半身の全体に麻痺が起きている

・下半身が全く動かせない

この3つのうちのどれかの症状が出ている時は手術適応になります。

これは脊髄神経と呼ばれる大切な神経が何らかの要因により傷ついていたり、障害が引き起こされています。

この時は手術をしなければ治らない可能性が高いです。

保存療法で痛みがどうなるのかを様子をみる

手術以外での選択肢として保存療法というのがあります。

保存療法と名前が難しいですが、簡単に言うと痛み止めの薬や注射で痛みをごまかして症状が改善していくのを待つ方法です。

薬で痛みをごまかして安静にしていて痛みが消えていくのかと聞かれると、、

軽度の症状なら放っておいても痛みがましになる可能性はあります。人には自然治癒力というものがあるので椎間板ヘルニアから来る痛みも改善していく可能性はある訳です。

しかし中度以上の症状になってくると難しい面も出てきます。

椎間板ヘルニアの症状はヘルニアによって起きていると思われがちですが実際は筋肉の緊張がかなり大きく影響を及ぼしています。

なので筋肉に対する治療は絶対必要になってきます。

しかし安静にしているだけでは筋肉の緊張は改善していきません。逆に徐々に強くなっていく場合もあります。

その悪循環に陥ると、日常生活で筋肉に対して負担がどんどん溜まっていくために痛みというのは徐々に強くなっていきます。

こうなると安静にしていても痛みというのは治っていきません。

保存療法は痛みが比較的軽度でないと効果を発揮しません。ご自身の痛みがどの段階かの判断は難しいと思いますが、1ヶ月も安静にしていて改善が見られないんであれば他の治療法を探すべきです。

手術以外の治療法を模索する

手術を避けたい方は他の治療法を考えるという選択肢があります。

治療法は必ず筋肉に対してアプローチが出来る方法にして下さい。それはなぜかというと、椎間板ヘルニアが原因だと思われている痛みも実は筋肉に問題がある場合がほとんどだからです。

筋肉の緊張を取り除いてあげるだけであなたの痛みが改善する事が可能な場合があります。

ご自身で運動したり、ストレッチをしたり、マッサージを受けたり様々な選択肢があります。

個人的な意見を言えば整体院などで筋肉の緊張を取り除かれるのが一番効果的ですが。

手術をしなければ治らないと言われたヘルニアの痛みが整体で治った症例というのは数多くあります。

あなたの治療の選択肢の一つに入れてもらっても決して損ではありません。

結論から言えばあなたの筋肉の緊張がなくなればどんな方法でもいい訳です。自分で頑張っても、人に任せても、運動をしたり、ストレッチをしてみたり。

手術をする前に出来ることはたくさんあります。

全部やったけど効果が全く出ない。そんな時に初めて手術を選択肢に入れるべきです。

結局どの選択肢が一番良いのか?

どの選択肢が一番良いのか、、

これはあなたの症状によります。絶対手術をしなければいけないのは、上記の書いたとおり

・排尿障害がある

・下半身の感覚が全くない

・下半身が全く動かない

この様な症状がある時は手術が避けられない場合があります。

しかし痛みがあってもこれらの症状がない場合は、保存療法や他の治療法で改善します。

薬や痛み止めなどの保存療法で治るのはかなり症状が軽いものに限られますが。

椎間板ヘルニアは筋肉の緊張がかなり影響しています。なので基本的には手術をする前に筋肉への治療をしてあげなければいけません。

方法は色々あります。自分で運動やマッサージをして筋肉の緊張を取り除く事も出来ます。

しかし症状が強くなるとご自身では手に負えない場合もあります。

そんな時は筋肉の緊張を取り除くプロである整体院などの治療院で治療するというのが一番効果があります。

でも急にそんなことを言われても治療院に行くのが不安。。

そんなあなたはまずはご自身で出来ることを頑張ってみて下さい。

まだまだ手術をする前に出来ることはたくさんあります。決して諦めないで下さいね。