椎間板ヘルニアでしびれがでる本当の原因は?

椎間板ヘルニアが原因で痺れが出ている

このように思っている方が多いと思いますが

果たして本当にそうでしょうか?

もちろん、

本当に椎間板ヘルニアが原因でしびれが出ている場合もあるでしょう。

ですが、実はほんの一握りです。

このブログでは、しびれの症状が出る本当の原因について詳しくお伝えしていきます。

あなたが思っているしびれの原因は間違っているかもしれません

 

こんにちは!

大阪市城東区にある【桜花整体院】

院長の寺田 昌弘です。

あなたは以下のような症状でお悩みではないですか?

・お尻から太ももの裏、ふくらはぎにかけての痛みやしびれ

・椅子から立ち上がる際、痛みで腰が伸びない

・座っていてもお尻から太ももがズキズキ疼き、座ってられない

・痛み止めの薬や注射も効かなくなってきた

・手術を進められているが、怖くて悩んでいる

椎間板ヘルニアと診断された方はこのどれかの症状でお悩みだと思います。

あまりにも痛みやしびれが辛いので、整形外科に行ってレントゲン、MRIを撮ると上記の画像のように椎間板が飛び出していた。

そして、大半の方が次のように診断されています。

「この飛び出した椎間板が神経を圧迫してしびれが出ていますね。」

それで、

治療はというと、患部のマッサージや電気、痛み止めの薬、湿布などです。

これは、圧迫をとる治療なのでしょうか? 対処療法なのでしょうか?

わざわざレントゲン、MRIを撮り

神経を圧迫していると診断したのに、神経を圧迫していることに対する治療はしないで

それで、激痛やしびれが出ているにもかかわらず経過観察していく。

その後ひどくなり「手術で圧迫部分を切除しましょ。」と不安に思うのも無理はないですよね。

 

整形外科での診断で、

【椎間板が神経を圧迫⇨痛みやしびれの原因】

このように言われていますが、本当にそうでしょうか?

 

ちょうどいい例の患者さんが最近来院されたので、その方を例にすると

 

「椎間板ヘルニアと5年前に診断されました。その時も手術を勧められたんですが、怖かったのと仕事が休めないのとで薬と湿布をして様子を見ていたら自然と痛みが軽くなりました。それから腰痛などはあったのですが、ごまかしながら生活していました。        ところが、2ヶ月前に重い物を持った時に腰に激痛が走り、その後からだんだんお尻から足にかけてしびれがきつくなり歩けなくなりました。何とか病院に行きMRIを撮ると椎間板ヘルニアと診断され、また手術を勧められました。                     今回も手術は絶対にしたくないので、悩んでいます。何とかならないでしょうか?」

初回での問診のやりとりなのですが、何かおかしいと思いませんか?

5年前にヘルニアと診断されているということは、その時から神経を圧迫しているはずですよね。

なのに5年間も楽な時期がある。

そして、

この患者さんは1ヶ月の治療で痛みなく日常生活を送れるまでになりました。

しかし、私は椎間板ヘルニアで神経を圧迫している部位を治療したわけではありません。

神経を圧迫したままなのに、痛みやしびれは改善されたのです。

 

ここであなたに考えて頂きたいです。

もし、あなたも痛みやしびれの症状で整形外科を受診しているのなら、

上記の患者さんのように薬や注射で痛みやシビレの症状が楽になることはあります。

 

では、「薬や注射で骨の形状が変わりますか?  神経の圧迫部分が改善されますか?」

 

この質問でご自身がそう思われるなら、納得するまで薬や注射を続けられるといいと思います。

もし、この質問で疑問に感じられたのでしたら、この動画をご覧ください。

 

もし長いこと痛院していてしびれの症状が改善しないなら、

「この痛みとしびれの原因は何かな?」と考えてみてください。

原因が分かれば既に8割は改善できています。

椎間板ヘルニアで大事なのは、「なぜこのような症状が出ているのか?」を考えて、自分の状況を見つめなおしていくこと

神経の圧迫があると診断されても、

  • 温めるとしびれが少し楽になる
  • 時間帯でしびれの出方が違う
  • 体を動かしているとしびれが楽になる
  • 安静にするとしびれが楽になる

このようにその時の状況に応じて、症状の出方に変化があるのであれば、

それは神経が圧迫されての症状ではありません。

椎間板ヘルニアと診断された方は「痛い」「痛くない」しかみれてない方が多く、自分の状況によっての症状の出方をみれていない方が多いです。

一度、自分の一日の状況を紙に書き出してみましょう。

そこで上記のように変化がある場合は、本当に椎間板ヘルニアが原因で痛いのかを疑うようにしましょう。

椎間板ヘルニアを改善するために必要な考え方とは?

当院では、椎間板ヘルニアと診断された方にまずしてもらうのが、「原因」を考えて頂きます。

椎間板ヘルニア=足の痛み、しびれ

この常識が浸透しすぎていますが、この考え方では原因が「ヘルニア」になってしまうので症状が改善されてきません。

まず、その思い込みを外すことです!

その上で、自分の体の状況をしっかりと把握して、原因を考えること。

なぜなら、足の痛みやしびれの症状を作り出したのは、あなた自身の今までの体の使い方にあるからです。

自分の体を理解しようとしないと、治らないんです。

 

糖尿病の人が病院に行って治療していても、毎日お菓子ばかり食べていては、改善しないですよね。

なぜあなたは椎間板ヘルニアになってしまったのか?

足のしびれはなぜ起こってしまったのか?

その原因は何なのかを一度考えてみましょう。

 

あなたは今までどのような日常生活を送ってきましたか?

治療に入る前に、まず自分と向き合うことが大事になってきます。

ただ、ほとんどの方が、これを無視して

「とにかく足の痛みやしびれを何とかして!」

「そんなこといいから早く治療して!」

そんな自分よがりの方が本当に多いです。

ただ、そういった方は本当に改善が遅いです。

椎間板ヘルニアの治療で一番大事なのは、今までの考え方、思い込みを捨てて、自分の日常生活を見つめ直していく。

この土台ができれば、正しい対処を行っていくことで、手術を宣告された椎間板ヘルニアでも必ず改善されていきます。

考え方が変わったら、体のプロである整体師に相談を

今までの考え方を変えて土台ができたら、プロの整体師に相談しましょう。

足のしびれや痛みの症状を引き起こしている原因は、今までの日常生活の影響による骨盤の歪みや姿勢の歪みにあります。

さすがにそこを素人の方が改善することは不可能です。

詳しく原因を調べてくれる、信頼できる整体師の先生に治療してもらう。

そうすることで、椎間板に負担のかからない身体を作ることができ、身体を根本から変えることができますよ!

【追伸】椎間板ヘルニアで悩みを抱えているあなたへ

大阪にある桜花整体院には椎間板ヘルニアを抱えた方が多く来院されます。

その時にいつも感じることが、椎間板ヘルニアが治らない原因を知らない方があまりにも多いということです。

痛みには必ず原因があり、その原因に対して正しい対処ができれば痛みは解消されるのです。

しかし、整形外科や保険適応の整骨院では、椎間板ヘルニアが治らない原因に対しての説明までしっかりしてもらえないのが現状です。

私はそういった方々を1人でも多く救ってあげたい。

そういう想いで、LINEにて個別で相談を受け付けております。

また、少しでも正しい情報を伝えるために、健康情報を無料で定期的に配信しています。

椎間板ヘルニアが治らない原因を教えて欲しい

自分の体の状態を椎間板ヘルニアの専門家に相談したい

体に対する正しい情報を知りたい

そういった方はぜび、LINEにご登録ください↓